フラップレスサージェリー

フラップレスサージェリーとは

手術を行う際、通法では麻酔のあと、メスを用いて切開をおこないます。歯肉を切ると同時に骨膜も切り、その後、骨から歯肉と骨膜を同時にはがして骨を露出させます。この時にできる歯肉の弁のことをフラップといいます。
ですからフラップレスサージェリーとは歯肉を骨からはがさずに行う手術のことを意味します。
この方法の利点は浸襲が少ないため、腫れや痛みがほとんどないという点です。しかし、骨が見えない状態で行いますので、注意深く行わなければ大変危険です。
このオペを安全に行うには、まず、CTによる3次元的診断が不可欠です。
コンピューター上でオペのバーチャルシュミレーションを何度も繰り返し、最も安全な埋入を行わなければなりません。十分な準備を行えば必ず安全なオペを行うことができます。
それでも骨の状態が十分でない場合などにメスを用いて、骨を露出させた通常の手術を行うべきです。
低浸襲は大切ですが、最も大切なことは患者様の安全だからです。

症例

右下7番が保存不可能な状態となり抜歯しました。
抜歯後1.5ヵ月。ここでCTをとり、コンピューターによる精密なシュミレーションを行いガイドを作ります。

ガイドを用いた、フラップレスサージェリー。メスを使って切り裂かないので、オペ時間は短く、次の日も痛みや腫れが出ません。患者様は「本当に楽でした。痛み止めもいらないですね。驚きました。」と言われ、大変喜んでいただきました。

オペ直後

implant_bf07.jpgオペ後3カ月のお口の中
画面右奥の白い歯がインプラント

オペ後3カ月のX線
違和感もなく何でも食べられると喜んでいただきました。

ページトップに戻る
仁和会インプラント愛媛クリニック
愛媛県松山市南梅本町甲878-5
TEL:0120-798211 Mail:info@kanazaki.jp
インプラントに関するお問い合わせ