インプラントの構造

.jpg

インプラントは上図のように、3つの構造により成り立っています。
①インプラント体(人工歯根)
②アバットメント
③上部構造体

 

1.インプラント体(人工歯根)とは?

インプラント本体失った歯の根の代わりになるものです。
当院では1.5~3カ月 で骨と結合する素材、チタン製のものを採用しています。

2.アバットメント (結合部品)

インプラント体と上部構造体をつなぐ部分です。アバットメント (結合部品)

3.上部構造体

上部構造体差し歯のようなものです。
天然の歯とほとんど見分けのつかない自然なものがあます。

ページトップに戻る
仁和会インプラント愛媛クリニック
愛媛県松山市南梅本町甲878-5
TEL:0120-798211 Mail:info@kanazaki.jp
インプラントに関するお問い合わせ